採用案内のパンフレットは「働く人」に着目しましょう

採用シーズンになると、自社の会社案内パンフレットの出番が増えてきます。
ですが、その会社案内は就職希望者に「伝わる」作りになっているでしょうか?

一般的に会社案内は、業務内容の紹介がメインに作成されています。

「働きたい」という方には、仕事の内容ももちろんですが、会社としての目指す目標や、
社員さんからみた会社の姿、自分が働いた時の生活スタイルなどが伝わる事が大切です。

そのためには、顔が見えるパンフレット、「人」にフォーカスした入社案内が必要になってきます。

社長さんの思い、働く人のインタビュー、そして仕事の内容。

これらを上手に引き出し、パンフレットに落とし込むためには、どうしても手間暇がかかります。

やはりプロの編集・デザイン力、写真撮影、コピーライティング(文章作成)をうまく活用する事が効果的な採用案内を最短距離で作るコツとなります。

今は自分たちでもパソコンを使って会社案内を作れる環境が整ってきています。
ですが、本業ではないパンフレット制作に時間と労力をかけるより、多少費用をかけてでも理想的なパンフレットを作成することが、採用という目的に対しての正解ではないでしょうか?

私たち「山形パンフレットデザイン.com」はそうしたパンフレットを制作したい皆様の期待に応えるサービスをご提供しております。

ぜひお気軽にご相談ください。