パンフレットのトレンド

日々パンフレットや冊子を作っていると、お客様からのご要望から一定の嗜好・トレンドが読み取れます。
ここ最近気づいたトレンドを書き留めておきます。

1.撮影ロケーションに気を使う社長様が増えてきた

一昔前のパンフレットでは、まるで証明写真のようなバストアップ画像を掲載するのが当たり前でした。
それが社長室を飛び出して工場や公園、街をバックに写真を撮られる方が増えています。
背景を多く見せることで、社長様や会社のバックボーンや考え方を読み手に想像させる手法です。
小道具を持ったりポージングに気を使うだけでも、雰囲気あるポートレートを撮ることができます。

2.質感のよい紙を指定される方が増えてきた

Webと印刷物の大きな違いは「手で触れるかどうか」です。
手触りや匂い、サイズ感は印刷物でしか味わえない醍醐味です。
せっかく印刷するのだからそこにコダワリたい!と気づかれた方が増えてきました。
多くのネット印刷では特殊紙が選べなかったりサイズに制限があったりしますが、
当社は元々印刷業者ですので、そういったコダワリにお応えできるノウハウがあります。

3.ホームページとパンフレットを連動させたい方が増えてきた

山形パンフレットデザイン.comは印刷に加え、ホームページ制作部門もあります。
ホームページの仕上がりに満足されて、「同じテイストでパンフレットも作って欲しい!」というご要望も増えてきました。
同フロアに両部門がある当社なら、スムーズに連動/制作ができます。
沢山の業者とお付き合いするのは面倒だ!という方にこそ、山形パンフレットデザイン.comをオススメ致します。

パンフレットの詳しい情報はこちら