読み手に響く企画書(提案書)作成の方法

どんな職種・業種にも求められるスキル、企画書の作成。
必須なスキルでありながら、作成が難しいと感じている方も多いのではないでしょうか?

画書に苦手意識を持っている人ほど、何から手をつければよいのか分からず途方に暮れがちです。
しかし、企画書は根本の目的と構成を理解すれば、難しいものではありません。

企画書(提案書)の作成代行を行っている山形パンフレットデザイン.comならではの、企画書(提案書)作成のポイントをご紹介いたします。

1. 企画書に説得力を出させるために市場調査を行う

企画書を作成する際、市場はどういう状態なのか、ターゲット層はどんな動きをしているのか など客観的なデータを盛り込むことは必須です。
これらのデータが有るだけで信憑性がまるで違います。

数値を企画書(提案書)に盛り込む際は、図解したり、グラフ化したりすることで、訴求力は格段にアップします。

2. ゴールまでの過程を見せる

企画書の作成が必要となった背景には、現状に何かしら問題があり、その問題に対するゴールがあり、そのギャップを埋めるための解決策が必要なはずです。
そのためにも意識していただきたいのが「①現状の問題点の整理 → ②あるべき理想像・ゴール → ③その問題を解決する対策」という三要素です。

問題点を認識したもらうために、市場データや他社データなどの資料を盛り込むことも効果的です。

3. 企画書(提案書)を伝えるためのデザイン

企画書において、デザインというのは非常に重要です。
せっかく良い内容の企画書でも、見難くて理解できないデザインでは意味がありません。

企画やプレゼンテーションを邪魔しない、読みやすく統一感のあるデザインが重視されます。

山形パンフレットデザイン.comではこのポイントを押さえた、伝わる企画書(提案書)を作成させていただいております。作成のご相談やお見積は、お気軽にお申し付けください!

 

企画書(提案書)作成代行の詳しい内容はこちら お問い合わせはこちら