伝わるプレゼンテーションツールの作り方

社内の発表会や、お客さまとの打ち合わせ、大衆でのプレゼンーションなど、多くのビジネスシーンで、パワーポイントでのプレゼンテーションは欠かせません。

プレゼンテーション資料は、あなたが伝えようとするメッセージを相手にとってわかりやすくするためのコミュニケーション・ツールです。パワーポイントでのプレゼン作成には法則があり、この法則を守ることによって、プレゼンテーション資料の質が格段に良くなります。

【 パワーポイントでプレゼンテーションの質を上げる3つの基本的な鉄則 】

1. プレゼンテーション資料は 聞き手の立場で作成する

どんなに優れた内容でも、そもそも資料が用意できない場合や、資料の内容が伝わりにくいものでは、プレゼンテーションの質は格段に下がってしまいます。
聞き手にとって見やすい文字の大きさ、フォント、色を意識することは、資料作成の一番のポイントです。

そのため、プレゼンテーションツールには、情報の整理を目的としたデザインが必須です。

2. ワンスライド ワンメッセージ

1枚のスライドを埋めるために、情報を詰め込みがちになってしまうこともありますが、プレゼンテーションツールは「ワンスライド ワンメッセージ」が鉄則。各ページにメッセージがひとつだけであれば、聞き手にとってあなたのプレゼンがより理解しやすくなります。

逆に、1枚のスライドの中に複数のメッセージが含まれていたり、関係ないオブジェクトが含まれている場合、それらは聞き手にとって邪魔になります。

3. 文章を減らして、写真や図を増やす

プレゼンテーションツールは、文字数を減らして、写真や図で見せることで、伝わりやすさがグッと上がります。

スライドに載せる文章は、必ずプレゼンテーションで話す内容である必要はありません。
話し言葉では長くなってしまう文章も、キーワードや単語に置き換えることで、格段に文字数を減らし、重要なポイントに注目を集めることができます。

写真や図を見せることで、聞き手の解釈の差も少なく、直感的にイメージを伝えることができます。

このように、プレゼンテーションツールには、聞き手に訴求する「デザイン」が必要です。

山形パンフレットデザイン.comでは、この3つの鉄則を踏まえた上で、お客様のご要望に沿ったプレゼンテーションツールを作成させていただきます。
まずはお気軽にご相談ください!

 

プレゼンテーションツール作成代行の詳しい内容はこちら お問い合わせはこちら