ペルソナを作りましょう

「ペルソナ」という言葉をご存知ですか?

マーケティング用語で、
「ある商品やサービスにとって、最も重要、かつ象徴的なユーザー像」
簡単に言うと、架空の顧客像です。

1. なぜペルソナが必要なの?

不特定多数に配るチラシやリーフレットでは、
大多数に向けたキャッチコピーやビジュアルを使いがちです。
しかし、大勢に配慮した八方美人な紙面は、読み手の心に刺さりにくいもの。
顧客にならない大多数の人より、自社のファンになってくれそうな人を捕まえるため、
不特定多数に配るものこそ「ペルソナ」を意識した作りにしたいものです。

2. どんなペルソナが必要?

通常「ペルソナ」は、まるで実在するかのような人物像を設定します。
例えば…

  40代女性、既婚、夫と息子(5歳)の3人で、3LDKのアパートに住んでいる。
  某スーパーでフルタイム勤務。△△担当。月収xx万円。軽自動車で通勤している。
  趣味は映画鑑賞。月に3度、映画館に行く。アクションが好き。お気に入りの俳優は◯◯。

といったように、かなり具体的に考えていきます。

しかし架空の人を作るのは大変です。
まずはそれっぽい人を見つけてみましょう。芸能人や著名人でもいいですね。

「この人はこんなことが好きだろう」「この人に喜ばれるには、どんなことをしたらいいのかな…?」
と想像を膨らませられる人物像ができたらGOODです。

3. ペルソナで効果的な販促ツールを!

効果的な販促ツールを作るのに詳細なペルソナ設定ができれば良いですが、ペルソナ作りは大変なもの。
山形パンフレットデザイン.comでは、マーケティング発想のできるスタッフが常駐しております。
お客様のお話しを伺いながら、簡単なペルソナ作りのお手伝いをいたしますので、
お気軽にご相談くださいませ。

パンフレットの詳しい情報はこちら