リーフレット制作とパンフレット制作の違い

パンフレットリーフレット

この2つの違いについて意識したことはありますでしょうか?
今後のツール制作に役立つ、2つの違いや定義についてご紹介したいと思います。

< パンフレット制作とリーフレット制作の違い >

答えはずばり、何枚つづりになっているかです。

一枚モノの媒体が、リーフレット。
複数枚で構成されている媒体が、パンフレット。

ご存知なかった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

さて、もしあなたが自分の商品・サービスを紹介するための紙媒体を制作したいと思ったら…リーフレットにしますか?パンフレットにしますか?
山形パンフレットデザイン.comでは、用途によって適切な媒体を選ぶことをオススメしております。

< リーフレット制作を選ぶのはこんなとき >

  • 何枚か持ち運びがしたい
  • とりあえず作りたい (簡単に、低予算で)
  • 気軽に持ち帰ってもらいたい、手にとってもらいたい

リーフレットは常にカバンに入れておくことができるため、とても機動的に使うことができるのが、リーフレットの利点です。

< パンフレット制作を選ぶのは、こんなとき >

  • 伝えたい情報がたくさんある
  • 自社の商品・サービスに興味がある人に、じっくり読んでいただきたい
  • 対面でお客様に直接説明する時間がある

特に、説明する時間がとれるときなどは、じっくりと情報を伝えるためにも、パンフレット形式がオススメです。
ただし、パンフレットのようにページが複数になる場合は、どんなターゲットに向けて作るのかを考えた上で、できるだけ情報を簡素に伝えることを目指すことがポイントです。

どの媒体を制作するにしろ、実際に手にする人が求める情報が、分かりやすくきちんと整理されて載っていることがなによりも大切です。

リーフレット制作に関する情報はこちら パンフレット制作に関する情報はこちら