ブランディングを意識した入園案内の制作をしましょう

少子高齢化に伴い、幼稚園・保育所などでは入園児の募集に力が入ってきています。
自園の魅力を上手に保護者の方にお伝えするために、入園案内にも工夫が必要です。

ブランディングを意識してみましょう。

「デザイン家具と言えば○○」、「おしゃれなカフェと言えば△△」、というように、頭に浮かぶ会社を考えてみてください。それらの会社は自分たちの「ブランドイメージ」をつくるために、こだわりの仕事をしています。

「自分の子どもを預けるならあなたの幼稚園に」と言われるようなブランドを作っていきましょう。

ブランドを作るには何が必要でしょうか?

一般的には「宣言文(タグライン)」が必要と思われます。

  • 安らぎのひとときに飲みたいコーヒー
  • 自分にご褒美をあげる服
  • 家族の笑顔と過ごせる場所 など

幼稚園であれば、どんなタグラインが適切でしょうか?

  • 親御さんと同じ目線で育む場所
  • 子どもが魅力をつくれる時間
  • 安心と成長を約束するスタッフ

どんな言葉があるか、色々なアイデアは出てきますが、その言葉からイメージできるシーンや子供たちの姿が魅力的に感じられるよう表現する事が大切です。

写真で、文章で、そして園自体のスタイルで。そこまで意識して統一感を持つことで、徐々にブランドが確立していきます。

ブランディングを意識した入園案内の制作をはじめてみませんか?

私たち山形パンフレットデザイン.comでは、そんな目的を持った皆様に自信を持ってアイデアをご提供してまいります。

入園案内の詳しい情報はこちら