特殊加工でパンフレットを個性的に

デザインや紙質以外の要素で、パンフレットを個性的に演出する方法に特殊加工というものがあります。一般的な加工としては、スジ入れ(折りやすいスジを入れる加工)やミシン入れ(切り取りやすいミシン目を入れる加工)、孔開け、角丸などは良く見かける加工です。その他の加工として、箔押し(金や銀の箔を印刷物に乗せる加工)、エンボス(型を押し付けて浮き上がらせる加工)、型抜き(曲線や任意の形に穴開けやカットする加工)、部分ニス掛け(部分的に透明な保護用インクを乗せて、エンボス感を出す)などがあります。

特殊加工は、印刷後に特殊加工の工程が増えるので、コスト的には高くなりますが、効果的に使うことで、見る人の印象に残る演出になります。特に、高級感や特別感を演出したいパンフレット作成には効果的です。

パンフレットの詳しい情報はこちら