会社案内と入社案内、どう違うの?

採用の現場で「会社案内」を渡している企業様をよく見かけます。

もちろんそれでも良いのですが、良い人材をミスマッチ無く獲得するために
山形パンフレットデザイン.comでは「入社案内」を活用することをおすすめしております。

ところで「会社案内」と「入社案内」、実は違いが分からない!という方も多いのではないでしょうか。

1.会社案内は “営業ツール”

どの企業様でも1度は制作する「会社案内」は、
いつ・だれに配るものでしょう?

新規顧客に訪問する際に・お取り引きしたい相手に配るもの ですね。

「ウチはこんな信念をもつ会社で、良い物を作っているから、どうぞご贔屓に!」
と、営業マンの代わりに語りかけるもの=営業ツールです。

掲載される内容は、
・自社の技術
・これまでの実績
・規模
・販路
・今後の展望
などになります。

 

2.入社案内は “採用ツール”

では「入社案内」は、
いつ・だれに配るものでしょう?

主に採用の現場で・学生さんや教育機関に配るもの です。

「ウチに来たらこんな事が出来て、キミの活躍する場があるから、一緒に働こうよ!」
と、採用担当者の代わりに語りかけるもの=採用ツールです。

掲載される内容は、
・業務内容
・規模
・施設
・今後の展望
・欲しい人材像
・待遇
などになります。

 

3.届けたい相手を想定して、効果的なパンフレットを

あなたが伝えたい想いはなんですか? 届けたい相手は誰ですか?

目的がハッキリすると、使うべき道具が見えてきます。

今までなんとなく「会社案内」で全てをまかなっていた方は、
ぜひターゲットを絞ったパンフレットで効果を上げてください。

 

会社案内の詳しい情報はこちら 入社案内の詳しい情報はこちら