「色」と「言葉」のイメージを統一させる

生活の中でも密接に関わりのある「色」ですが、当然印刷物においても色は重要な役割を果たします。
色は意味を込めたり感情を表す働きを持ち、また見る側の感情を動かす作用を持ちます。
目的やターゲット層に合わせた色調や色の組み合わせを上手に使うことで、より広告効果が発揮されます。

色のイメージは言葉と大きな関わりを持っています。
例えば、火といえば「赤」、「青」からは空や海を思い浮かべるように、人は過去の経験と知識から「物から色、色から物」を連想します。
印刷物においても、見る側に「こんな印象を持たせたい」という意図があれば、言葉と色のイメージを一致させることで、より魅力的なものになります。

色や色の組み合わせに悩んだ時は、これまでの経験や言葉から受けるイメージから色を連想させてみましょう。
私たちもこれまでの実績と経験を活かしアドバイスさせていただきますので、お気軽にご相談下さい。

【ご参考までに】
赤…熱い、エネルギッシュ
オレンジ…あたたかい、朗らか
黄色…明るい、喜び
緑…穏やか、自然な
青…クール、誠実
紫…個性的、神秘
ピンク…かわいい、やさしい
白…清楚、純粋
黒…高級感、モダン

パンフレットに関する情報はこちら