チラシレイアウトのコツ

上手にチラシを作成するには、見やすいレイアウトで、「何を伝えたいのか」「何が重要なのか」を、ひと目で相手に理解させる必要があります。情報量が多いチラシの場合は、読み手に迷いを与えやすいため特に見やすいレイアウトを意識する必要があります。

1.要素を整列させる

レイアウトするときに要素をきれいに整列させて、余白をしっかりと取ってください。位置や大きさなどを揃えることで、きれいに整列させることができます。

2.書体を限定する

要素を整列させたら、書体と文字の大きさを決めます。見出しと本文で書体や文字の大きさを切り替えれば、チラシが見やすくなるだけでなく文章に抑揚も生まれます。ただし、書体は見出しと本文に使う2種類程度に留めてください。文字のサイズも2~4パターン程度で統一するのがいいでしょう。「見出し」「本文」「キャプション」でサイズを変えると、メリハリがついてわかりやすくなります。

3.文字は左揃えにする

文字を左揃えにすることで、行のスタート位置が統一されてきれいにまとまります。段落や文章が認識しやすくなり、見やすくわかりやすいチラシに仕上がります。

4.関連のある項目をまとめる

見出しや本文、写真など関連の強いものは、グルーピングすることでまとまってきます。これは、見やすさにも繋がるレイアウトのコツです。同じグループの情報を近接させて、異なるグループの情報は遠くになるように配置してください。カラーで色分けするのも有効です。

レイアウトの重要なポイント

ただ闇雲に文字や絵を配置しても、見やすいレイアウトは完成しません。レイアウトを作成するときは、まずどのような構成にするのかをきちんと整理しておく必要があります。頭の中で「ロジック」や「事柄と事柄の関係性」をきちんと整理していなければ、チラシを見る相手に、適切な情報を提供できなくなってしまいます。

関係性の強いものは近くに配置して、理論やストーリーもレイアウトしていきます。その際に以下のような点を意識すると、より見やすいチラシレイアウトが組み上がるはずです。

1.色を使ってグループ化する

複数の事柄があり、それに対応した複数の図がある場合には、対応し合っているもの同士をグループ化することでわかりやすくなりますよ。近くに配置することでグループ化させるほか、色によって関連づける方法もおすすめです。色分けの方法としては、次のようなものが挙げられます。

• 図に枠を付けて、枠と小見出しを同じ色にする
• テキストの色と図中の文字色を統一する
色分けをすることによって、どの箇所とどの箇所に関連性があるのかが一目瞭然になりましたね。

2.余白を取る

レイアウトでとても重要なポイントの1つが、余白を取ることです。全体のレイアウトにおいて、余白はとても大切な意味を持ちます。たとえテキストと図の高さを揃えたり、サイドを揃えたりしても、テキストと図の間のスペースが少な過ぎると見づらくなってしまいます。
そのため、「文字と図の端」「文字と文字」「文字と図」の間は、しっかりとスペースを取るようにしてください。スペースが美しく取れると、図や文字の見やすさが大きく変わってきます。例えば枠内に文字を配置させるような場合も、余裕を持って文章を配置してください。目安として、上下に1文字分くらいの余白を確保するのがおすすめです。

3.余白を美しく整える

さらに文字の上下左右にある余白が均等になるように枠の中に上手に文字を配置します。

4.コントラストをつける

何事もメリハリがないと、伝えたい内容がぼやけてしまいます。ですから文字を視覚的に見やすく、目立ちやすくする必要があります。それぞれの文や単語の重要性に応じて変化させてください。重要な部分を強調させることで、見る側の視線を誘導することができます。また、カラーとあわせてタイトルや小見出しなどにコントラストをつければ、チラシがより見やすくなるはずです。尚、コントラストは文字の太さ、サイズ、色を変えることで加えられます。

いかがでしたか?次回のチラシ作成から、ぜひ取り入れてみてください。

チラシの詳しい情報はこちら