商品を魅力的に見せる!カタログ制作3つのポイント

カタログとは自社の取扱商品や営業方法について記載した冊子のことを指します。
カタログの役割は商品やサービスの紹介・セールスプロモーション、販売支援であり、言い換えれば、カタログの目的は、商品そのものをお客様に対して伝え、売ることにあります。商品を魅力的に見せ、お客様に訴求できるカタログを制作するためのポイントを3つ紹介致します。

1. 製品カタログをつくる「目的」と「ターゲット」を整理する

目的やゴールを決めずにカタログを制作すると、最終的に何を実現したいカタログなのか、曖昧になってしまいます。掲載項目がいくつかある場合には優先順位をつけることで、限られた紙面・ページの中で情報の整理ができるようになってきます。

また単に「お客さん」といっても、年齢や性別、認識の違いなどによって、掲載する内容やレベルが変わってくるため、明確なターゲット像を整理・認識しておくことも大切です。

2. 競合他社や既存の類似カタログを研究する

カタログを実際に読むお客様は、その商品を指名購入する場合を除き、他社製品との比較検討のためにカタログを利用する可能性があります。

特に実際に商品を店舗に見ることができる「家電製品」や「日用品」とは異なる、工業製品や住宅設備機器といった製品であれば、まずは製品カタログや商品パンフレットを比較することが重要です。特に、情報の掲載量や商品の訴求ポイントをしっかり比較してみましょう。

3. 自社製品の分類・マッピングをしっかり行う

製品ラインナップの分類がしっかりできていないと、「製品を羅列したカタログ」になってしまいます。
製品を掲載する順番を決めることは、「選びやすいカタログ」への最大の近道となります。

分類・マッピングを行う際の項目例は、お客様が製品を選ぶ基準を意識して決めましょう。

< 分類項目例 >

  • 用途別
  • ブランド、シリーズ別
  • ランク別(価格など)
  • 機能別
  • サイズ(容量)別
  • 材質別
カタログの詳しい情報はこちら