ポスターは「見る」広告

ポスターを制作する際に、目の前でデザインや内容を検討していませんか?
実際に見られる時には遠くの壁に貼られている、という点を意識して作成したいものです。

離れてわかる?

5m以上離れて何が書いてあるか、伝えたい内容がわかる、読める事がポイントです。

また、色使いもよく考えましょう。基本的には3色までの色が全体の6割をしめるような配色が統一感を与えます。

大まかなデザインが決まったら、伝えたい相手にあったデザインか、一歩引いた目線で見てみましょう。

伝えたい人に伝わっている?

たとえば子供を持つ親がターゲットなら、その関心にあった写真が使われているか?
旅行に行きたい人に伝えたいなら、その旅をイメージ出来る内容か?

相手の立場にたって関心が持てる内容にしていくことが大切です。

効果的なポスターを作りたいという方は、ぜひお気軽に山形パンフレットデザイン.comへご相談ください。

ポスターの詳しい情報はこちら