入学案内、学生の視点と保護者の視点から

少子化によって学校のクラスが減ったり学校自体の統廃合のニュースを聞きます。
そんな中で、効果的に多くの生徒に受験してもらうための学校案内、入学案内を作成するには、どんな事がポイントになるでしょうか?

1.学生の視点から入学案内を考える。

生徒はどんな学校生活に期待を持っているでしょうか?授業内容、部活動、進学に関する情報などを学生の目線で紹介されているかがポイントです。また、男女比や制服、課外活動の学園祭やスポーツイベントなども盛り上がる楽しさを表現する事が大事です。

2.保護者の視点から入学案内を考える。

両親など保護者の目線で学校を捉えるとどんな事が気になるでしょうか?先生方の教育方針や設備、費用や関わる行事、進学先や就職先の情報など、「子どもを安心して任せられる学校か?」が問われるものです。

入学自体は一つの通過ポイントです。その後の学校生活や進学・就職までのプランがある程度明確になっており、充実した時間を過ごせる事を魅力的表現するのが理想です。

学校案内・入学案内を制作してくれる会社をお探しですか?

山形パンフレットデザイン.comでは上記のようなノウハウを踏まえた上で、お客様のご要望に応えるパンフレット制作を行っております。

自分たちでは上手に作れない、作っている時間や機材がないという方はお気軽にご相談ください。

入学案内の詳しい情報はこちら