情報発信のプロが作る、最強採用ブランディングツール!

採用ブランディングSpecial7
WEBブランディングパッケージ
説明会パッケージ

説明会パッケージ

設置例

設置例2-1

設置例2-2

採用専用ランディングページ

会社案内サイトは、事業や商品を中心に会社を紹介しますが、入社案内サイトでは、人の働き方働くという考え方を中心に会社を紹介します。採用専門のランディングページがあれば、求職者に御社の魅力を十分にアピールすることができます。

基本構成

採用ランディングページ

採用ランディングページ

入社案内パンフレット

内定を出した学生に確実に入社してもらうためには、内定後のフォローが欠かせません。社長のビジョン、考え方や社風、現場の様子や先輩たちの声自社の業務内容・規模・将来展望・施設・雇用条件・待遇などの情報を効果的に伝えます。

基本構成

新卒用にA4サイズ12ページで構成されています。 学生にきっちり伝わる会社案内を作成する場合はこの12ページ構成デザインがおすすめです。 また、学生から共感を得るためには、色々な部門やシチュエーションの先輩社員の声を増やしていくことが効果的です。

ビジョンメッセージ&写真

数多くの会社案内がある中で、学生に手にしてもらう、印象に残る為には大人しいものよりインパクトがる、メッセージ性が強いなど、目立つことが大切になります。

会社メッセージ&ビジョン写真、社長メッセージ

会社が大切にしている想いやビジョンに学生は惹きつけられます。特に「どんな社長なのか?」ということは学生にとって重要な関心事です。 また、企業側として「求める人材像をメッセージで視覚化する」ことが大切です。

会社の事業紹介、自社の特徴、魅力紹介

商談で使ういわゆる会社案内的、ビジネス的な紹介では学生はイメージ出来ないので、魅力を感じることが出来ません。「やりがいのある仕事」を学生は探しています。素人に伝える意識で、分かり易い紹介を心がけましょう。

入社することによるメリット

学生にとって関心が高いことの一つに、「自身が成長できそうな会社なのだろうか?」と言う事があります。キャリアプラン(キャリアパス)は会社選びの中でとても重要な要素なのが実情です。

社員紹介

社員紹介は入社3年~4年目の先輩社員に登場してもらうのがいいでしょう。学生に近い目線で入社を決めたポイントや入社後のコメントを得ることが出来、学生にとって入社後がイメージし易くなります。

部門別に若い社員から中堅社員までをピックアップ

先輩社員の1日の流れを盛り込むことで、学生にとって仕事の疑似体験が可能になり、仕事内容の理解度が上がります。主な募集部署の社員紹介を中心に組み立てましょう。

3人目、4人目、一日の流れ

タイプや部署の異なる先輩社員を紹介することで、学生にとっての共感ポイントを多く作り出すことが出来ます。出来るだけ多くの先輩社員に登場してもらいましょう。

沿革、会社概要

沿革と概要では企業の歴史、規模などを知ってもらうことにより安心感を提供します。学生が親御さんに相談をする場合、このページの作りが重要になり、知名度が低い中小企業では特に大切です。