フライヤー-商品ラインナップ-

フライヤーはマーケティング発想で
制作出来るか否かが
勝負の分かれ目です!!

フライヤーは皆さまもご存じのとおり、マスコミュニケーションの媒体として昔から使われている1枚刷りの印刷物のことです。一般消費者向けに情報発信する際に使用されることが大半です。21世紀は、間違いなくITの時代です。消費者の情報収集の仕方や購買行動の仕方が大きく変わっていく時代ではありますが、まだまだ、フライヤーのようなダイレクトにお客様の手元に届き、手に取って情報収集して頂ける広告効果は高いです。ただし、ただ、フライヤーを配布するだけでは、広告効果は高いとは言えません。大事なのは、マーケティング発想でどれだけ、フライヤーのデザインが出来るかが鍵となります。

クリエイターのちょっとした一言

フライヤーをじっくりと沢山見てみてください。大半のフライヤーは、作り手の言いたいことを限られた面積のなかで上手に伝えようとしているだけです。
だから、見向きもされず、手に取ってもらえずに本来の役割を果たせないという最悪の状況を招いてしまいます。
認知度の高い会社であったり、ブランド力のある会社は関係ないかもしれませんが、中小零細企業がフライヤー1つで集客強化を図るためには、手に取ってもらう魅力と工夫、さらにストーリーのあるマーケティング戦略ありきでフライヤーを作らなければなりません。

チラシとフライヤーの違い

“チラシ”と“フライヤー”の違いはご存じでしょうか?“チラシは、散らすもの、もしくは、散らし という言葉が語源です。一方で、“フライヤー”は、飛行機やヘリコプターなどから撒いていたものを、“フライヤー”と呼んでいます。
現代では、大ざっぱに分類すると“チラシ”は、新聞に折り込みされるもの、“フライヤー”は、店舗等においてもらうものを意味することが多いのです。そのため、“チラシ”と“フライヤー”では用途が違うため、作成にあたってポイントが変わってきます。
“チラシ”は、新聞広告に折り込まれるなど、毎日目にすることが多いものです。そのため、印象に残りやすいデザインであることが重要です。また、“チラシ”は他のチラシと同梱されることが多く、そのため他のチラシより差別化したデザインでなければ目を引くことができません。
一方、“フライヤー”は、手に取ってもらえること、また持ち帰ってもらうことが重要です。
そのため、“チラシ”よりも小さなサイズとなり、やや厚手でしっかりした用紙が用いられることが多いのです。もちろんターゲットによって、レイアウト等は工夫しなくてはなりませんが、ピンポイントで伝えたい情報を凝縮した内容で作成するのがポイントです。
“チラシ”、“フライヤー”といった名前は違えども、お客様に内容を伝えるということは同じです。ただし、お客様が“チラシや“フライヤーを見る状況は違いますので、その点を考慮して企画を行うことが重要です。

フライヤーの料金表はこちら

関連情報

TOPICS & 新着情報