採用パンフレット作成

採用にターゲットを絞り込んだ採用パンフレット

 

会社案内パンフレットでは、採用パンフレットにはならない事実。

「会社案内」は、新規取引先に対して自社を紹介するツールです。採用担当者なら切実な問題として感じていると思いますが、採用の現場で「会社案内」を「採用パンフ」としてそのまま活用することはできないといえます。採用を目的に自社を紹介する場合は、自分が働いた場合どのような働き方ができて、どのような将来やビジョンを描けるかを想像できるコンテンツが不可欠です。また、最近ではキャリアパスやライフワークバランスを意識したコンテンツも増えています。応募者への社長メッセージも人気のコンテンツです。自分の人生を預ける会社の社長がどんな人物なのか、誰でも知りたいですよね。このように、「会社案内」とは違ったターゲットと視点でコンテンツを作成し、応募者に自社の魅力を知ってもらうのが、採用パンフレットです。

採用パンフレットはなくてもエントリーシートだけは必要です。

「うちは規模も小さいし、予算もないし、おおげさな採用パンフはいらない」という場合でも、自社を端的に紹介し、どのような人材がほしいのかを明確にするツールとしてエントリーシートにまとめるという手法があります。エントリーシートは、採用に応募するためのツールですが、専用のエントリーシートに欲しい人材像を明確にして、採用側と応募者とのマッチングをスムーズにすることができます。弊社では、採用パンフレットや採用ツールの内容をエントリーシートに展開している事例が多くあります。採用パンフレットは、その会社がどれだけ採用に力を入れているかのバロメーターであり、会社の熱意を伝える大切なツールです。