ロゴマークのリニューアルで企業イメージも一新!

ロゴマークのリニューアルで企業イメージも一新!
時代や企業の変化によって変わらなければならない「企業の顔」です。

ロゴマークは、会社をビジュアルで表現したいわば、[会社の顔」です。時代やビジネス環境の変化、そして会社のあり方や方向性が変化する中で、当然ロゴマークも変わっていくべきものです。

ロゴマークのリニューアルは会社を変革するチャンス!

●見た目が変われば、中身も変わる。

「カタチから入る」といいますが、見た目の「カタチ」は意外と中身や本質を如実に表しているものです。ビジネスにおいて、顧客や取引先について知ることは最も大切なことです。逆を言えば御社は、顧客や取引先に正しく知ってもらう必要があり、そのことに注力しなければなりません。ロゴマークを変える際は、自分自身をわかりやすくすることも重要なポイントです。ロゴマークから業種や業態、さらには会社の社風や文化、特徴がイメージとして伝わることも大切です。また、こうありたいというビジョンを具現化することで、ロゴの持つイメージに、会社を近づけていくことで、企業自体の中身も変わっていくものです。

●伝えたい情報をデザイン=具現化する

ロゴは、単に会社名を表示するための飾りではなく、[会社の顔」であり、会社として伝えたい情報=メッセージをデザインするものであることは、ご理解いただけたかと思います。ロゴマークと一緒に、スローガンやコーポレートメッセージがエレメントとして用意されるのは、伝えたい情報をわかりやすくするための施策なのです。弊社では、ブランディングサービスのひとつとして「THE FACE」という商品をご用意しています。まさに[会社の顔」を制作するサービスとして、県内でも数多くの実績を持っています。